esthetic / ORTHODONTIC

審美治療・矯正治療

より快適で美しい歯によって、
「体や心の健康」を取り戻すお手伝いをします。
ホワイトニングもおまかせください。

審美治療は美しい口元を作ることを目的としています。
治療の目的は、白い歯と綺麗な歯並びで、歯の病気の治療が目的ではありません。
しかし、見た目の美しさの実現は、歯や歯茎の健康を持続させることにも大きく貢献します。

詰め物・かぶせ物を
選択しましょう

むし歯治療の際に用いる詰め物(インレー)・かぶせ物(クラウン)には、従来、当たり前のように金属が使われてきました。しかし、白い歯の中で金属の銀色や金色はとても目立つもの。そのため、最近では見た目が重視された白い素材「セラミック」を用いた治療が選ばれるようになっています。
セラミックは天然歯の自然な透明感や白さを再現できるだけでなく、強度にも優れています。さらに、歯と歯ぐきとの境目を黒ずませたり、金属アレルギーを招いたりといった金属のデメリットもありません。

当院では歯に最適な素材の「オールセラミック」のみの取扱いとなります

オールセラミック
セラミックのみでつくられた素材。天然歯にとても近い透明感と白さを再現できます。また強度にも優れています。
ジルコニア
人工ダイヤモンドにも使われるジルコニアでつくられた素材。オールセラミックより、さらなる美しさを追求できます。また強度も金属並みに高く、奥歯にも適しています。
ファイバーコア
被せ物をする際、補強の為に人工の土台(コア)を入れる必要があります。審美治療では、人工歯の素材の美しさを損ねないグラスファイバー製の「ファイバーコア」を使用します。しなやかで歯根を傷めず、金属アレルギーの心配もありません。

歯科技工士(院外)のご紹介

今井 俊介
SHUNSUKE IMAI

群馬県出身
(株)ビットラボ 代表取締役
(公社)日本歯科技工士会会員/(公社)群馬県歯科技工士会会員
高崎歯科技工士会会員/群馬県歯科医学会会員

患者様の笑顔のために、一本一本気持ちを込めて
精巧にお作りいたします。
製作と確認のために立会いをいたします。

(株)ビットラボ オフィシャルウェブサイト






Case:1

歯ぐきのラインが不正な被せ物の歯をセラミックで審美改善

以前前歯をぶつけて治療後に被せ物をしたものの、歯ぐきのラインや色が気になって来院された患者さんです。
根管治療をやり直し、歯ぐきを揃える手術を行い、セラミックにて審美治療を行いました。

術 前
case4術前
術 後
case4術後

施術内容の詳細

施術内容

仮歯におきかえ、根管治療後に歯周外科を行いセラミックにて修復

治療回数

根管治療2回、その後仮歯の調整や歯周外科など行い、治療終了合計10回

治療費

根の治療と歯周外科治療、セラミック修復治療合計1歯につき¥216,000円(税込)

考えられるリスク

口腔衛生状態の悪化による歯周病、歯根破折、過度なブラッシングでの歯肉退縮、
根の治療の再発のリスクなどが考えられます。その為、定期メインテナンスが必須です。

Case:2

外傷の既往がある変色歯をセラミックで審美改善

小学校の時に前歯をぶつけて治療後に変色してしまったが、根管治療をやり直し、矯正治療を行うことがベストですが、患者さんの希望でその変色歯だけセラミックにて審美治療を行いました。

術 前
case1術前
術 後
case1術後

施術内容の詳細

施術内容

仮歯におきかえ、根管治療後にセラミックにて修復

治療回数

根管治療2回、その後仮歯の調整や型取りなど行い、治療終了合計6回

治療費

根の治療とセラミック修復治療合計1歯につき¥216,000円(税込)

考えられるリスク

口腔衛生状態の悪化による歯周病、残存歯質量が少ないため歯根破折のリスク
根の治療の再発のリスクなどが考えられます。その為、定期メインテナンスが必須です。

Case:3

むし歯で変色した4本の歯をセラミックで審美改善

元々根の治療が不十分な状態で、プラスチックでツギハギのようになっていた前歯4本を根管治療をやり直し、土台も白い土台に置き換え、セラミックにて審美治療を行いました。

術 前
case2術前
術 後
case2術後

施術内容の詳細

施術内容

う蝕除去後、根管治療を行い仮歯におきかえ、セラミックにて修復

治療回数

根管治療1歯につき2回、その後仮歯の調整や型取りなど行い、治療終了合計10回

治療費

根の治療とセラミック修復治療合計1歯につき¥216,000円(税込)

考えられるリスク

口腔衛生状態の悪化による歯周病、残存歯質量が少ないため歯根破折のリスク
根の治療の再発のリスクなどが考えられます。その為、定期メインテナンスが必須です。

Case:4

色調が合いにくい前歯をセラミックで審美改善

根の病気などは問題がなかったため、被せ物だけ治療をおこないました。周囲のプラスチックが変色しているところは
その部分だけプラスチックを詰め直ししました。

術 前
case3術前
術 後
case3術後

施術内容の詳細

施術内容

現在の被せ物を除去後、土台のやりかえを行いセラミックにて修復

治療回数

土台のやりかえで1回、その後仮歯の調整や型取りなど行い、治療終了合計3回

治療費

セラミック修復治療1歯、¥129,600円(税込)

考えられるリスク

口腔衛生状態の悪化による歯周病、残存歯質量が少ないため歯根破折、周囲のプラスチックの変色や、歯肉退縮になどの審美障害のリスクが考えられます。
その為、定期メインテナンスで問題がある場合の早期の対応が重要です。

Case:5

奥の銀歯を根の治療後にセラミック修復で審美改善した症例

根の治療と親知らずのトラブルがあり、根の治療のご希望で来院されましたが、根の治療後と親知らずの抜歯後に最終的に銀歯を白く審美改善しました。

術 前
case5術前
術 後
case5術後

施術内容の詳細

施術内容

根管治療後に埋まっている親知らずの抜歯を行い、仮歯におきかえ、セラミックにて修復

治療回数

根管治療1歯につき3回、その後仮歯の調整や型取りなど行い、治療終了合計7回

治療費

根の治療とセラミック修復治療合計1歯につき¥237,600円(税込)

考えられるリスク

口腔衛生状態の悪化による歯周病、奥歯で咬合力も強く歯質が少ないため歯根破折、再感染による根の病気の再発のリスクなどが考えられます。
その為、定期メインテナンスで丁寧なチェックが必須です。