esthetic / ORTHODONTIC

審美治療・矯正治療

より快適で美しい歯によって、
「体や心の健康」を取り戻すお手伝いをします。
ホワイトニングもおまかせください。

審美治療は美しい口元を作ることを目的としています。
治療の目的は、白い歯と綺麗な歯並びで、歯の病気の治療が目的ではありません。
しかし、見た目の美しさの実現は、歯や歯茎の健康を持続させることにも大きく貢献します。

矯正専門医のご紹介

日本矯正歯科学会認定医

島津 和輔
Masasuke shimatsu

新潟県出身
経歴:明海大学大学院歯学研究科卒業 歯学博士

みなさんの笑顔のために、矯正専門医として丁寧に治療を進めてまいります。歯並びとかみ合わせのことは気軽にご相談下さい。

こんな歯並びを矯正できます

出っ歯

出っ歯

上の歯列が下の歯列より前に大きく突き出ている状態。
受け口

受け口

下の歯列が上の歯列より前に突き出ている状態。
上下顎前突

上下顎前突

上と下の歯列がともに前に突き出ている状態。
過蓋咬合

過蓋咬合

咬み合わせが深く、上の歯列が下の歯列を完全に覆っている状態。
叢生

叢生

歯がデコボコに生えている状態。
開咬

開咬

咬み合わせても上の歯列と下の歯列の間にすき間が空いている状態。

乱れた歯並びが体に与える影響

  • ブラッシングしづらいため、
    むし歯や歯周病になりやすくなる
  • 食べ物が挟まりやすいため
    口臭が発生しやすくなる
  • 発音がしづらくなる
  • しっかりと咬みきることができず
    丸飲みしがちになり、胃に負担がかかる
  • 咬み合わせがずれて顎の関節に負担がかかる
    (顎関節症になりやすくなる)
  • 頭痛・肩こりを引き起こすことがある

取扱い矯正装置について

全顎ワイヤー矯正・部分矯正

(唇側・舌側)

クリアブラケット
透明な樹脂製のブラケットを使った矯正装置です。目立たないため、矯正装置の見た目が気になる方におすすめです。メタルブラケットより若干費用が高くなりますが、同等の効果を得られます。
メタルブラケット
金属のブラケットを使った矯正装置です。歯の表側に装置をつけるため目立ちますが、費用を抑えられる、比較的治療期間が短いといったメリットがあります。また、ほとんどの症例に適用可能です。

マウスピース矯正

※症例によります

アソアライナー
透明のマウスピースを使った矯正装置です。透明なので目立ちにくく、他人に気づかれにくいのが特長です。また、取り外しできるため、食事やお手入れがスムーズに行えます。





Case:1

顎と歯の大きさの不調和を非抜歯で矯正した症例

小学校2年生で前歯4本萌出してきた時に、歯列不正になる予想ができたため、歯列の大きさを調整して矯正しました。

術 前
case1術前
術 後
case1術後

施術内容の詳細

施術内容

永久歯4前歯と第一大臼歯が萌出した時点でマルチブラケットを用い、顎の成長と歯軸の改善し矯正しました。

治療回数

2年で24回程度

治療費

一期治療として216,000円(税込)、調整料3〜5,400円(税込)/1回につき

考えられるリスク

口腔衛生状態の悪化による歯周病やう蝕のリスクが考えられます。また保定装置などを未装着だと後戻りしてしまうリスクがあります。その為、定期メインテナンスで問題がある場合の早期の対応が重要です。

Case:2

前歯の受け口を改善した症例

小学校低学年で前歯が受け口のように逆に生えてきたため、早期に正常な咬合に改善しました。

術 前
case2術前
術 後
case2術後

施術内容の詳細

施術内容

永久歯前歯生えてきてすぐに拡大床などを用い歯軸の改善し矯正しました。

治療回数

2年で24回程度

治療費

一期治療として216,000円(税込)、調整料3〜5,400円(税込)/1回につき

考えられるリスク

保定装置など未装着だと後戻りしてしまうリスクがあります。また、舌癖などの習癖(くせ)などがあると、悪化するリスクがあります。その為、定期メインテナンスが重要です。必要があれば、永久歯列完成後に二期治療での修正が必要になります。

Case:3

上顎前突(Ⅱ級傾向)の前歯を非抜歯で矯正した症例

前歯の上顎前突があり、顎の成長や歯軸の改善で正常咬合へ誘導した症例です。

術 前
case3術前
術 後
case3術後

施術内容の詳細

施術内容

上顎前突をマルチブラケットと拡大床を用いて改善した。

治療回数

3年で30回程度

治療費

一期治療として216,000円(税込)、調整料3〜5,400円(税込)/1回につき

考えられるリスク

保定装置など未装着だと後戻りしてしまうリスクがあります。また、舌癖や口唇を噛む習癖(くせ)などがあると、悪化するリスクがあります。その為、定期メインテナンスが重要です。必要があれば、永久歯列完成後に二期治療での修正が必要になります。