IMPLANT / artificial tooth

歯を失った方へ

根管治療で救えない場合でも、
欠損した歯の機能を取り戻す治療法に
「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」があります。

それぞれのメリット・デメリットをふまえ、適切な治療を選択しましょう。
インプラント治療に抵抗を感じられる方には、オーソドックスな
入れ歯による治療をおすすめしています。

「入れ歯は、多少ずれたり、違和感があったりするもの」と思ってはいませんか?痛みを我慢してはいませんか?
入れ歯の不具合には必ず原因があるため、口腔内の詳細な診査をして原因を突き止め、精密なものにつくり直せば痛みや違和感は軽減できます。また近年では、さまざまな種類の入れ歯が開発されており、一人ひとりの口腔内の状態により適したものを追求することが可能です。「自分に合った入れ歯」を見つけたい方、入れ歯についての不満をお持ちの方は、お気軽に当院にご相談ください。

総入れ歯
歯をすべて失った場合につくる入れ歯。
かつては咬み心地や発音などに支障が生じがちでしたが、近年では開発が進み、つけ心地のよい入れ歯をつくることが可能です。
部分入れ歯
歯を部分的に失った場合につくる入れ歯。
バネなどを使って健康な残歯に固定させるため、その歯に負担をかけてしまうことがあります。

入れ歯には、保険適用内でつくる入れ歯と、全額自己負担でつくる自費の入れ歯があります。保険の入れ歯では、使用できる素材や様式がかぎられますが、安価に短期間でつくることができます。一方自由診療の入れ歯なら、費用はかかるものの使用できる素材の選択肢が大きく広がり、見た目や快適性を追求することが可能です。その違いを比較してみましょう。

保険適用の入れ歯

  • 使用できる素材がかぎられ、残った歯との見た目に違いが生じる。
  • 歯ぐき
    基本的な形態にかぎられる。
  • 素材はレジン(歯科用プラスチック樹脂)のみ。厚みがあるため違和感があり、食べ物の味や温度を感じにくい。
  • 維持
    装置
    装着時に違和感があったり、他人から見えやすかったりする。
  • 総合
    評価
    装着感や見た目、味覚など、多少劣る部分もあるが、費用を抑えて基本的な機能を回復できる。
  • 歯ぐき
  • 維持装置
  • 総合評価

自由診療の入れ歯

  • 天然歯と変わらない透明感や白さを再現できる。
  • 歯ぐき
    汚れがつきにくく、装着感のよいものをつくれる。
  • 金属など素材が選べ、薄くつくることもできるため、違和感を軽減したり、食べ物の温度や味覚を感じやすくしたりできる。
  • 維持
    装置
    留め金がないものや、目立たないもの、また装着時の違和感を軽減させたものなどをつくれる。
  • 総合
    評価
    装着感や見た目、味覚などを追求できる。また耐久性にも優れ、口臭などの問題も起きにくい。

当院ではさまざまな症状の患者様に対応できるよう、
当多種の入れ歯を取り扱っておりますので
安心してご相談ください。