Endodontics caces archive

根管治療の症例

歯周病と勘違いされていたが、根の治療だけで治癒した症例

前医では歯周病の治療が繰り返されてお薬だけで対応されていました。このように歯ぐきが腫れて歯周ポケットがあっても、症例によっては根の治療だけで治癒する場合があります。歯周病と根の病気どちらが原因なのか?どちらも原因なのか?などは術前にはわかりません。ですから、両方疑われる場合は必ず根の治療から行います。このような状態で歯周治療だけ行うと、かえって悪化してしますのでご注意ください。

術前の口腔内写真

左下の奥歯が歯ぐきが腫れて違和感があります。

歯周ポケット測定時

10mmも腫れているところに歯周ポケットが存在しています。

術後6ヶ月の口腔内写真

歯ぐきの腫れも改善し、歯周ポケットもありません。セラミックの被せ物で修復してあります。

治療前レントゲン写真

明らかに根の先に病気が見られます。

治療直後のレントゲン写真

治療直後なのでまだ黒い影がレントゲンで確認できます。ただ、患者さんの症状は改善しています。

治療後6ヶ月レントゲン写真

根の先の病気が黒い部分がなくなり治癒傾向が見られます。

術前術後の比較

術前口腔内写真

術後口腔内写真

施術内容の詳細

施術内容

歯周病と間違いやすい状況でしたが、う蝕を除去し根管治療を行いました。根管治療後は3ヶ月経過観察を仮歯で行い、治癒傾向が見られた時点で最終的な被せ物を製作しました。

治療期間

通常の根管治療2回、経過観察3ヶ月後被せ物の処置

治療費用

通常の根の治療129,600円(税込) セラミッククラウン108,000円(税込)

考えられるリスク

最後臼歯なので、歯ブラシが届きにくく、再度むし歯になりそこから感染し、再発のリスクが考えられます。特に噛む力が大きくかかる為、根の破折などのリスクも考えられます。注意深くメインテナンスを行なっていく必要があります。