Endodontics caces archive

根管治療の症例

根未完成永久歯(子供)の根の治療

まだ萌出してまもない、根が完成していない状態で根の中に細菌が入り込んでしまった症例です。原因は小臼歯によくみられる、中心結節の破折でした。歯にツノのようなものが生えており、そこが折れてしまって細菌感染したとかんがえられます。幸い、一部神経を除去してその後根の成長が確認されました。

治療の経過

術前レントゲン写真

小臼歯は歯根がまだ成長途中で根が短いことがわかります。

治療開始時レントゲン写真

歯根の途中まで歯髄を除去し、薬を入れてあります。

術後6ヶ月レントゲン写真

症状の確認をし、お薬を緊密に詰め直しました。歯根の成長がみられます。

治療開始時の顕微鏡像

歯髄の歯冠部は感染しておりましたが、洗浄し確認したところ歯髄組織が確認できました。子供の根の治療は特にできるだけ保存的に行うことが重要です。(この写真は明らかに正常な歯髄組織ではありません)

症状確認後の顕微鏡像

経過観察を行い、症状改善し再度根管内の状況を確認すると、石灰化物が見られ正常な硬組織が作られていました。

MTAで緊密に封鎖

石灰化物の上に緊密にMTAを充填しました。

術前・術後の比較

術前レントゲン写真

術後6ヶ月レントゲン写真

施術内容の詳細

施術内容

ラバーダム防湿をおこない、中心結節が破折し、細菌感染している部分から根管内へアクセスし、根管内を顕微鏡で確認し洗浄後封鎖。

治療期間

根管治療2回、経過観察期間6ヶ月。

治療費用

生活歯髄療法30,000円(税別)

考えられるリスク

年齢もまだ若い為、長く口腔内で維持されるためには、患者さんの歯ブラシなどの口腔衛生状態が悪いとう蝕や歯周病になり、再度感染のリスクがあります。また、噛み合わせの力で根の破折が生じることもあります。